スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

radio.img

解凍して、READ THIS BEFORE FLASHING.txt を読む。

What do you need? 何をすればよいか。①と②が前提条件。

まず、これ①
- S-Off Bootloader ---> http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=841076

カスタムロムなら「su」コマンドが入っているのでVisionaryは不要。
一応、確認。"terminal emulator"をインストールしてから、su を実行。rootになれればOK.
To test that everything went fine download from market application "terminal emulator"
run it, type su
If You get after that sign # it mean's that everything went fine.


次は、
ここから http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=835746
これを DHD-v0.6-tempfix.zip
ダウンロードする。以下の手順どおりに実行。
はまりポイント:「DHD-smart」を「DHD」にリネームして、/sdcard/直下に置く。←そのとおりにやること。

2) Install engineering version of HBOOT to get S-Off
2.1) Download sfjuocekr DHD script for flashing HBOOT from here
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=835746
2.2) Unzip it and copy it to Your SDCard (It's important that You have on Your SDCard root directory with name DHD and all files inside this directory. Rename DHD-smart folder on Your SDCARD to DHD.
2.3) Run Terminal Emulator
2.4) Type su
2.5) Type "sh /sdcard/DHD/check
(Please be aware that You have to type "sh" in front of command)
2.6) If everything went OK type
sh /sdcard/DHD/backup
2.7) If this also went OK proceed with
sh /sdcard/DHD/hboot
This command will install engineering hboot which have S-Off turned off.


次は、これ②
- RADIO S-OFF ---> http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=857537

「Easy Radio tool v2_2.zip」を解凍
「Desire HD easy radio tool_V2_2.exe」を使って、S-OFFする。
②は、ボタン押すだけ。簡単です。




①と②ができていれば、あとは、次を実行していく。

1) Put radio.img into your android sdk "tools" folder

2) Boot into bootloader mode - hold volume down & press power and select "fastboot" from the menu

3) Open a cmd prompt on your pc

4) cd to sdk/tools folder


5) type: fastboot flash radio radio.img

C:\Program Files\Android\android-sdk-windows\tools>fastboot flash radio radio.img
sending 'radio' (24832 KB)... OKAY [ 4.141s]
writing 'radio'... OKAY [ 23.531s]
finished. total time: 27.672s



6) type: fastboot reboot

C:\Program Files\Android\android-sdk-windows\tools>fastboot reboot
rebooting...
finished. total time: 0.266s

001HT 2台 バッテリー消費の比較

001HT 2台 バッテリー消費の比較


001HT 2台で、バッテリー消費の比較を行いました。





AB
ROM純正ROM(2.2)CM7.0.2
ルート無し有り
バッテリー1,800mA1,800mAh

夜間のスリープ状態での残量推移が以下になります。

[A]





[B]






[A]と[B]で、何故に、こんなに違うのか。。。

バッテリー消費量は2台で全然違うのだが、以下の共通プロセスの消費量は、2台でそれほどかわらない。これも謎だ。





AB
Androidシステム27.39%32.03%
BatteryMix4.75%3.61%
AndroidBooster2.06%5.68%


日本通信の「モバイルIPフォン」アプリが問題児なのではないかと、疑っているのですが。。。

001HT(HTC Desire HD)をクロック・アップ(ダウン)してみよう

001HT(HTC Desire HD)をクロック・アップ(ダウン)してみよう



「IDEOS」ロムの関係で「No-frills CPU Control」というアプリを見つけました。

001HTにもインストールできたので、早速、試してみます。





「Max」を設定する。1.517GHzまで、あるんだ。



「Min」を設定する。0.245GHzまで、あるんだ。



「Governor」を「ondemand」にしておけば、状況に応じてクロック数を自動で変化してくれるのかな。
すばらしい。

Maxは1.5GHzを越えると動作が不安定になるらしいので、1.517GHzではなく1.402GHzを選択。
Minは0.245GHzを選択。

早速、「Quadrant」でベンチマークしてみよう。



うわっ、「2,202」! すごっ!

このロムで今までの最高が「1,874」だったから、17.5%アップした!

しばらくこれで、運用してみよう。

スリープ時のバッテリー消費も、気になるところ。

クロックの分布も、わかる。ほとんど、暇してるんだね。






2011/06/29 「Governor」について、ドキュメントを調べました。

結論は、

・基本的にはデフォルトの「ondemand」で良い
・普通よりちょっとだけ攻撃的な人は「interactive」
・普通よりちょっとだけ保守的な人は「conservative」

上記以外は、ない。

interactiveinteractive is (conceptually) like ondemand but will be quicker when changing frequencies.
interactive は ondemand に(概念的に)似ていますが、「クロック周波数」を変えるとき、より迅速になるでしょう。
conservativeconservative is like ondemand but will be slower when changing frequencies
conservative(保守的) は ondemand に似ていますが、「クロック周波数」を変えるとき、より遅くなるでしょう。
userspaceuserspace will do nothing at all, so don't choose it. I may hide it in a future release to avoid confusion.
userspace は全く何もしないので、それを選ばないでください。 混乱を避けるために今後のリリースにそれを隠すかもしれません。
powersavepowersave will always set the "min" and never change it.
powersave はいつも「min」を設定し、それを決して変えないでしょう。
ondemandondemand (usually the default) will raise the value by a step up when the cpu is used, and lower the value by a step down when the cpu is not (much) used.
ondemand(通常デフォルト)は、cpuが使用されているときは徐々に値を上げて、cpuが使用されていないときは徐々に値を下げるでしょう。
performanceperformance will always set the "max" and never change it.
performance は、いつも「max」を設定し、それを決して変えないでしょう。


カスタムロムの導入

メモ

http://livlyislandvicecity.blog.so-net.ne.jp/2011-03-31-2


まずROMの焼き方(Rommanager入れてること前提)から書いていきます。

XDAかどこかからDesireHD専用ROMを落としてきます(コードネームはACE)


そしてMicroSDにROM(拡張子はzip)を居れ、リカバリーモードに入ります。


- リカバリーモードの入り方 -

バッテリーを抜き、入れなおして完全に電源を落とす。

電源ボタンと音量 - ボタンを長押しするとリカバリーモードに入る。

[Recovery]を選択するとClockworkMod Recoveryに入れます。


次に wipe data/ factory reset > yes を選択をする(文字通り初期化する。)

完了後 Wipe cache partition > yes を選択する。

次にadvanced > wipe Dalvik Cache > yes 選択。


次にROM焼き Install zip from sdcard > choose zip from sdcard > zip(入れたROM) > yes

Gapps入れる Install zip from sdcard > choose zip from sdcard > Gapps > yes

~~~~~~~待つ!


チン!

焼き終わったら

+++Go Back+++ > reboot system now

001HT Gingerbread カスタムROM

001HT Gingerbread カスタムROM

以下のサイトを参考に
[ROM] Android Revolution HD 4.0 β 4 | Gingerbread & HTC Sense 2.1 | Android 2.3.2

モジュールはこれ
Android_Revolution_HD-4G_4.0_beta4.zip


  • 「HTC Sense」が入ってます。
  • BluetoothのHIDプロファイルに対応していない!Bluetoothキーボードが使えない。
  • CJKフォント


通信モジュールを書き換えるように要請されてます。

モジュールはこれ
Radio_12.41.60.19_26.06.04.14_M.zip


  • zipを解凍すると、インストール方法とイメージが入っています。
  • イメージをflushするためには、 RADIO S-OFF になっていること。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
exabugsをフォローしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。