スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

apache1.3にmod_rpafを導入する

apache1.3にmod_rpafを導入する

[前提条件]
CentOS6.4
諸事情でapache1.3を使っている。
フロントにapache2.2をリバースプロキシで使っている。
クライアントのIPアドレスをapache1.3側でも取得したい。

(1) 準備
# vi /etc/yum/pluginconf.d/fastestmirror.conf

include_only=.jp


(2) 準備
# yum groupinstall "Development Tools"



(3) openssl取得とコンパイル
# cd
# wget http://www.openssl.org/source/openssl-1.0.1e.tar.gz
# make
# make install


デフォルトで以下にインストールされる
INSTALLTOP=/usr/local/ssl



(4) apacheソース取得と準備
# cd
# wget http://archive.apache.org/dist/httpd/apache_1.3.42.tar.gz
# tar xvfz apache_1.3.42.tar.gz
# cd apache_1.3.42


次のエラーを回避するために、ソースを修正する
error: conflicting types for 'getline'
# sed -i 's/getline/apache_getline/' src/support/htdigest.c
# sed -i 's/getline/apache_getline/' src/support/htpasswd.c
# sed -i 's/getline/apache_getline/' src/support/logresolve.c
 参考:Compiling Apache 1.3.x on Modern Linux Distributions


(5) mod_ssl取得とapacheコンパイル
# cd
# wget http://www.modssl.org/source/mod_ssl-2.8.31-1.3.41.tar.gz
# tar mod_ssl-2.8.31-1.3.41.tar.gz
# cd mod_ssl-2.8.31-1.3.41


1.3.42用のmod_sslは無いので、1.3.41用を代用し、依存関係を偽装する
# vi pkg.sslmod/libssl.version

mod_ssl/2.8.31-1.3.42


configure実行。コンパイルはapache側で行う。
# ./configure --with-apache=../apache_1.3.42 --with-ssl=/usr/local/ssl \
--prefix=/usr/local/apache --enable-module=all --enable-shared=max \
--disable-module=auth_db --disable-module=auth_dbm

# cd ../apache_1.3.42


以下のエラーを回避するために、オプションを付けてmakeする
ssl_util_ssl.c:327: error: ‘STACK’ undeclared (first use in this function)
# make OPTIM=-DSTACK=_STACK
# make install
 参考:「Apache mod_sslのコンパイルを通すにはコツがいる」


[確認] apacheがEAPI対応となっているか
# /usr/local/apache/bin/httpd -V | grep EAPI
-D EAPI



(6) mod_rpaf取得とコンパイル
# cd
# wget http://stderr.net/apache/rpaf/download/mod_rpaf-0.6.tar.gz
# tar mod_rpaf-0.6.tar.gz
# cd mod_rpaf-0.6

# vi Makefile

APXS=/usr/local/apache/bin/apxs

# make rpaf
# make install



(7) apache1.3 httpd.confの設定追加
LoadModule rpaf_module modules/mod_rpaf.so
AddModule mod_rpaf.c
<IfModule mod_rpaf.c>
RPAFenable On
RPAFsethostname On
RPAFproxy_ips 127.0.0.1
RPAFheader X-Forwarded-For
</IfModule>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
exabugsをフォローしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。