スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gangliaでクラスタ別にグラフを追加する方法

gangliaでクラスタ別にグラフを追加する方法

前提
gangliaでoptional_graphをホストビューに追加する方法で、optional_graphを表示できるようになっていること。

クラスタは、以下のように"Inspector","Database"が存在する場合を例にします。

/etc/ganglia/gmetad.conf
data_source "Inspector" 192.168.201.30
data_source "Database" 192.168.201.31


(1) optional_graphs2という設定を追加し、クラスタ毎に追加するグラフを記述する。

/etc/ganglia/conf.php
#
# Optional summary graphs
#
$optional_graphs2 = array(
'Inspector' => array('apache_status'),
'Database' => array(
'mysql_connections',
'mysql_innodb_bp_activity',
'mysql_innodb_io',
'mysql_qcache_hitrate',
'mysql_qcache_mem',
'mysql_qcache',
'mysql_query',
'mysql_select_types',
'mysql_simple_query',
'mysql_table_locks',
'mysql_temporary_objects',
'mysql_traffic'
)
);


(2) cluster_view.php, host_view.php に、以下のオレンジ部分を追加する。
(「クラスタ毎の設定があれば optional_graphs に追加する」ようにプログラムを変更する。)

/usr/share/ganglia/cluster_view.php
#
# Summary graphs
#
$graph_args = "c=$cluster_url&$get_metric_string&st=$cluster[LOCALTIME]";
$tpl->assign("graph_args", $graph_args);
if (!isset($optional_graphs))
$optional_graphs = array();
if (isset($optional_graphs2) && isset($optional_graphs2[$clustername]))
$optional_graphs = array_merge($optional_graphs, $optional_graphs2[$clustername]);
foreach ($optional_graphs as $g) {
$tpl->newBlock('optional_graphs');
$tpl->assign('name',$g);
$tpl->assign('graph_args',$graph_args);
$tpl->gotoBlock('_ROOT');
}


/usr/share/ganglia/host_view.php
#
# optional graphs
#
$graphargs = "c=$cluster_url&h=$hostname&$get_metric_string&st=$cluster[LOCALTIME]";
if (!isset($optional_graphs))
$optional_graphs = array();
if (isset($optional_graphs2) && isset($optional_graphs2[$clustername]))
$optional_graphs = array_merge($optional_graphs, $optional_graphs2[$clustername]);
foreach ($optional_graphs as $g) {
$tpl->newBlock('optional_graphs');
$tpl->assign('name',$g);
$tpl->assign('graphargs',$graphargs);
$tpl->gotoBlock('_ROOT');
}
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
exabugsをフォローしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。