スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

android携帯 001HT 「任天堂Bluetoothキーボード」を繋げる件 #androidjp

android端末に任天堂Bluetoothキーボード を繋げる件



任天堂Bluetoothキーボードが4月21日に発売されました。
http://hitoxu.com/01365
http://applembp.blogspot.com/2011/04/iphoneipad-bluetooth.html

ポケモンゲームが漏れなくついてきますが 5,000円弱で購入でき、デザインもシンプルで小型軽量。付属のアルカリ単三電池二本で1,500時間稼働だそうです。

android端末用に、これは購入でしょう!(iPhone/iPadは公式対応だそうで、以下の設定は不要)

もともとBluetooth HIDプロファイル対応のandroid端末なら、簡単な設定で使えそうです。
対応状況はこちら参照

001HTは残念なことに、Bluetooth HIDプロファイルが、標準ロムには入っていないので、そのままでは繋がりません。(しかしネイティブ対応のカスタムロムがあるので心配無用です)
(ちなみに、私の001HT用のカスタムロムはupdate-cm-7.0.2-DesireHD-signed.zipを使いました。←カスタムロムの導入方法は、また別途)


ペアリンクの方法は、
1. 端末側のBluetoothをONにする
2. キーボードの「Fn」キーを押しながら電源をONにする
3. 端末側でセキュリティコード(数字4桁任意)を入力
4. すかさず、キーボード側で3.と同じコードを入力して「Enter」

↑付属の説明書には3.以降は書かれていない。
 (3.以降は他のメーカーのBluetoothキーボードも、同様と思われます。)

・ペアリンク後は、両方の電源がONであれば自動的に繋がります。

・IMEは「OpenWnnPlus」が一番お勧め。
 →「Shift」+「Space」で英語と日本語を切り替えることができます。
 →「Atok」は日本語ローマ字入力の時点で、できませんでした。

・【注意】 国外メーカの人は、キーボード配列が英語配列になってます。
 先人の方が日本語配列用のマッピングファイル(2個)を作成してくれているので、それと置換すればバッチリです。感謝!

これで文章入力は、かなり便利になりますね。
wii用のドライバも、近々出るうわさが。











・特殊なキー割り当てのまとめ

「Shift」+「Space」:英語/日本語切り替え
「Fn」+「1」:menu
「Fn」+「3」:電話をかける
「Fn」+「4」:「電源」ボタン
「Fn」+「←」:Home
「Fn」+「→」:Back




・「端末エミュレータ」は「Volume Down」が「Ctrl」の代わりになる。
そこで、使われていない「Ctrl」ボタンに「Volume Down」を割り当てることにする。
  →「Ctrl」+「1」:「ESC」
  →「Ctrl」+「H」:「バックスペース」



・「Page Up」「Page Down」に「Volume Up」「Volume Down」を割り当てることにする。

・結局、カスタマイズしたのは以下
key 125   HOME              WAKE
key 29 VOLUME_DOWN
key 104 VOLUME_UP
key 109 VOLUME_DOWN





@asa_min_47 さんより情報を頂きました。
OpenWnnPlusより、OpenWnnフリック対応版の方が、変換がワイヤレスキーボード向けになってて
使いやすいみたいですね。
フリック版だと、スペースで変換候補を動かせる(ただし逆方向は無理)なのでかなり実用的になります。

なるほど、ありがとうございます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
exabugsをフォローしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。