スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Asterisk活用 (第二回:ひかり電話編)

Asterisk活用 (第二回:ひかり電話編)

前回はAsteriskを導入して、Android2.3による内線通話の構築まで行いました。

今回はNTTのBフレッツひかり電話をAsteriskに収容してみます。

ひかり電話はAsteriskととても相性がよく、簡単な設定で収容することが可能です。

今回の設定追加で、自宅内のWi-Fi環境下において、固定電話(ひかり電話)への着信をAndroidスマフォでピックアップ、
また、Androidからの発信を固定電話(ひかり電話)からの発信にすることが可能になります。

では、第二回のはじまり、はじまり。
-
書きかけです。近日中にアップします。

次回は、Bluetoothの扱える携帯電話を、Asteriskに収容してみます。家族割を使って、3G回線での転送を試みます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
exabugsをフォローしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。