スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IDEOSにカスタムロム(FUSIONideos)を導入

しばらく放置気味だった「IDEOS」さんに、噂のカスタムロム(FUSIONideos)を入れてみました。



カスタムロム取得



  1. xda-developersから以下の最新版をそれぞれをダウンロードし、microSDカードへ転送する。


  2. STABLE TRUNK:FUSIONideosv18full.zip
    MD5: 5e28bfaf642541f6469f062ca7d0aa7a

    EXPERIMENTAL TRUNK : FUSIONideosv198updater.zip
    MD5: f42364f8d314f6b403bfeb40735cf6a9



準備



  1. 「Visionary+」をインストール。rootを取得。

  2. 「ROM Manager」をインストール。さらに、メニューから「ClockworkMod Recoverey」をインストール。

  3. 一応、念のため、「ROM Manager」のメニュー「現在のROMをバックアップ」でバックアップを取得。



実行



  1. 「ROM Manager」のメニュー「リカバリへ再起動」で「ClockworkMod Recovery」を起動。
    (操作方法:銀色の輪っか(又はボリュームボタン)で「上下移動」。丸ボタン(又は緑ボタン)で「決定」。赤ボタンで「上位メニューに戻る」)



  2. 古いロムとキャッシュの削除
    1. "wipe data/ factory reset" > "yes" を実行する
    2. "wipe cache partition" > "yes" を実行する
    3. "advanced" > "Wipe Dalvik Cache" > "yes" を実行する

  3. "install zip from sdcard" > "choose zip from sdcard" を実行、転送しておいた"FUSIONideosv18full.zip"を選択し、決定する。

  4. "install zip from sdcard"→"choose zip from sdcard" を実行、転送しておいた"FUSIONideosv198updater.zip"を選択し、決定する。

  5. "reboot system now"で再起動。






・とにかく、かっちょいぃです! マルチタップにも対応してます!!



・バッテリーの残量表示がカスタマイズされてますね、これいいなぁ。
(「001HT(HTC Desire HD)」用のカスタムロム「CyanogenMod-7」でも採用してくれないかな。)



・「No-frills CPU Control」アプリで、CPUのクロックアップ/ダウンが自動で行われます。691MHzがMaxですね。




・Bluetoothキーボード(HIDプロファイル)には対応していませんでした。ざんねん。

・たまたま前日の記事にもある、「hostsファイル書換えによる広告ブロック」がデフォルトで行われています。
→なんか気持ち悪いので、もとの(1行だけの)hostsに戻しました。




・「濁点/半濁点」がちょっと大きめのフォントに変更しています。




「IDEOS」の魅力を再発見。

そりゃ「001HT(HTC Desire HD)」より性能は劣るのですが、やっぱり「IDEOS」は、何か味があるんだよねぇ。

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
exabugsをフォローしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。